はじめに

「手指消毒用アルコール」や「アルコール飲料」など、日常生活でよく耳にする「アルコール」ですが、具体的にどんな成分、どんな性質をもったものか分かりますか?

アルコールとは
①炭化水素の水素をヒドロキシ基(-OH)で置換した構造の化合物の総称
エタノール(エチルアルコール)のこと
という大きく2つの意味を持ちます。

このページでは、②エタノール(エチルアルコール)について解説します。
なお、①総称としてのアルコールは別のページで解説しております。

アルコールとエタノール①
化合物の総称としてのアルコール
はこちら

エタノールの種類

合成方法による分類

エタノールは合成方法によって2種類に分類されます

合成エタノール発酵エタノール
製法エチレンを原料として、水を付加することにより化学的に合成する方法(水和法)が主流トウモロコシ由来のでんぷん質原料やサトウキビなど由来の糖質原料を発酵させる。
使用用途(例)化粧品、洗剤、医薬品等の化学工業用食品防腐用などの飲食料品用、
試薬・薬局方、
消毒用アルコールなど
広範囲な用途
お酒などの飲用
規制法アルコール事業法酒税法

法令による分類

エタノールはその純度や生成方法、性質によって、飲用、医薬用、および工業用に分類され、それぞれ適用される法令が異なります。

分類アルコール関係法令所轄省庁
飲用酒税法財務省
医薬用
(日本薬局方エタノール)
薬事法厚生労働省
工業用アルコール事業法経済産業省

実装ラインにおいてメタルマスクの洗浄やプリント基板の洗浄などに使用されるエタノールは工業用の分類に該当し、アルコール事業法の適用を受けます。
ここからは、工業用に使用されるエタノールとアルコール事業法について紹介します。

工業用アルコールとは

アルコール事業法が適用される対象はエタノールを90度(容量%)以上含有する製品で、一般的に工業用アルコールと呼ばれています
アルコール事業法の定めるエタノールには一般アルコール、特定アルコール、変性アルコールがあります。

一般アルコール

酒類原料への不正使用を防止する加算額が含まれない安価なエタノールです。使用に当たっては経済産業省の事前の許可が必要であり、使用等の記帳、使用数量の定期報告が必要です。

特定アルコール

酒類原料への不正使用を防止する加算額を価格に含むエタノールで、経済産業省への事前許可や使用等の記帳といった手続きは必要なく、自由に使用できます。

変性アルコール

特定アルコールのように経済産業省への許可申請・定期報告なしで使用でき、一般アルコールのように加算額が課されません。

一般アルコールは課税が無いため安価ですが、事前の使用許可や使用量の定期報告が必要となり手間がかかります。特定アルコールは、飲用のエタノールと同じく課税されるため価格が高くなります。経産省による事前許可・定期報告が不要で安価な「変性アルコール」とはどのようなものでしょうか?

変性アルコールとは

飲食用に転用することを防ぐために、変性剤を添加したエタノールを変性アルコールと言います。
変性剤としては、メタノールやイソプロピルアルコール、メチルエチルケトン等、飲用に適さない臭気や味を持つ化合物が用いられます。

例えば、化研テックで販売している変性アルコール(工業用アルコールのPAG-07)では、エタノールにイソプロピルアルコールおよびノルマルプロピルアルコールを添加しています。

実装業界においてこの変性アルコールはイソプロピルアルコールの代替品として広く使用されています。変性アルコールはイソプロピルアルコールと異なり、有機溶剤中毒予防規則(安衛法 有規則)に該当せず取り扱い時の規制を受けないものもありますが、消防法には該当しますので、貯蔵・取扱量によっては消防法や市町村条例の規制を受けます。

詳しくは 「消防法 危険物の指定数量とは」をご覧ください。

関連記事/製品

困ったときの解説ページ
アルコール、エタノール その違いとは① ~総称としてのアルコール~
「アルコール」には、炭化水素の水素をヒドロキシ基(-OH)で置換した構造の化合物の総称という性質があります。ヒドロキシ基(-OH)による分類や、アルコールの性質について解説しています。
困ったときの解説ページ
知っているようで知らない?!IPA(イソプロピルアルコール)の貯蔵と取扱い
実装工程の洗浄に使われるIPA(イソプロピルアルコール)。
取扱う際の注意事項やネックとなる問題をまとめて紹介しています。
製品紹介
化研テックの工業用アルコール
油脂洗浄、樹脂洗浄、プリント配線板のフラックスやメタルマスク/スクリーン版のペースト洗浄に活用いただける工業用アルコールを紹介しています。洗浄性はIPA(イソプロピルアルコール)と同様に、有機則に該当しないタイプの洗浄剤ラインナップです。
タグ:

お問い合わせ

日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。

  • お問い合わせいただくにあたって、下記の項目を正確にご記入下さい。
  • お問合せ内容によっては、ご返事を差し上げるのにお時間をいただくこともございます。
  • ※お問い合わせフォームからのセールス等は固くお断りいたします。送信いただいても対応いたしかねます。

一覧に戻る

製品に関するお問い合わせ

  • 072-894-2590
  • webからのお問い合わせ
  • web販売はこちらから