日本の印刷業界・印刷物を取り巻く状況

大量に印刷される印刷物はオフセット輪転印刷機(オフリン)で、新聞見開きサイズで1分間に500~1000枚もの高速で印刷されます。(大阪市の全世帯(約130万世帯)に配布されるとしても27時間程度で印刷できてしまう。)これをカットしたり折ったりして新聞の折込チラシになったり、製本して週刊誌や通販カタログになったりします。

オフセット輪転印刷における技術的問題

アメフリ

雑誌を例にとると、読者が冬季にページをめくる時に紙面が静電気を帯びてめくり難くならないように、帯電防止剤をやや濃くして塗布します。 帯電防止剤が高濃度になると、業界用語で"アメフリ"とよばれる品質不良でウォーターマークが紙面に点在したり、紙にシワがより易くなったり、経年でインクの色があせ易くなります。

コスレ

また、分厚い通販雑誌等になると、その雑誌の積み上げ荷重で向かい合うページのインクがそれぞれのページに転写されてしまうことがあります。 これを抑制するためにこれらインキが転写しないようなシリコン(コスレ傷防止剤)を紙面に塗布します。

このシリコンは、高濃度で用いると紙面同士が滑り易くなり、製本時に折り精度が出難くなったり、接着剤がくっつき難くなったり、読者においてはボールペンでの書き込みができ難くなったりします。

静電気

新聞の折込チラシにおいても、新聞販売店が多種のチラシを丁合機で1軒分ずつ揃える際に、静電気で紙同士が貼りつかないようにすることできちんとソートされきれいに揃うように、また機械が紙詰りをおこさないように、捌いている途中に滑りすぎてちらかったりしないように、インキが別のチラシに転写したりしないようにする目的で、紙面に塗布する薬剤を調節します。

当社製品のご紹介

帯電防止剤

印刷・製本工場の生産性の向上、大幅なコストダウンを発揮する薬剤です。 印刷会社によっては市販の安価な衣類用柔軟仕上剤を使用されるケースがありますが、本来の目的に作られた物では無く、その能力は部分的なものでしかありません。

弊社カケンスタットは、香料無添加で、脱臭用白金触媒を傷めない非シリコン系を主としてシリーズ化しており、A輪/B輪/ベビー、シーター/スタバン、厚紙/薄紙、上質/マット/微塗工、ベタ/網点、回転速度/同調率/紙面温度、印刷/裁断/再印刷/折/製本/糊付け、等トラブル状況を解析し、カケンスタットシリーズの中からお客様にあった製品を選定させて頂いており、国内トップクラスのシェアを保有しております。

紙の種類の他に印刷機械の特性、後工程の機械の特性差等々によって適不適がありますので、ご相談になりたい場合はページ下部の「製品に関するお問い合わせ」からお問い合わせください。

コスレ防止剤 カケンシリコン

カケンシリコンはコスレ傷を防止する薬剤で、後工程の製本時の滑りすぎによる折りトラブルの抑制と、新聞販売店の丁合トラブルを抑制すべく、他社品に比べてやや滑りを抑えた設計になっております。

対応商品:オフセット輪転印刷用帯電防止剤 カケンスタット

一覧に戻る

日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。

化研テックへのご質問、ご意見等を受け付けております。

  • お問い合わせいただくにあたって、下記の項目を正確にご記入下さい。
  • お問合せ内容は、できるだけ具体的にお願いします。
  • お問合せ内容によっては、ご返事を差し上げるのにお時間をいただくこともございます。

製品に関するお問い合わせ

  • 072-894-2590
  • webからのお問い合わせ
  • web販売はこちらから