導電性接着剤TKペーストの使用例が紹介されました。

ニュース

導電性接着剤TKペーストの使用例が紹介されました。

接着剤の専門販売会社エースボンド様のホームページで化研テックの導電性接着剤"TKペースト"を紹介いただいています!
(タイトルをクリックいただくと、エースボンド様のブログ記事にジャンプします。)

活躍する「伝導性接着剤」とは!(2021年10月30日)

自動車ガラス業界ではリアガラスの端子とリア熱線の接続に"TKペースト CN-7120"が活躍します!
この端子部分は溶接されている場合が多いですが、自動車整備や修理時のガラスの取り外しの際に溶接が外れてしまうこともあるようです。そんな時に"TKペーストCN-7120"が活用いただけます。
ブログページでは画像付きで詳しく紹介されています!

CN-7120は冷凍保管が必要です!(2022年2月26日)

導電性接着剤は、保管や使用の際に通常の接着剤と異なる点があります。

CN-7120は冷凍保管が必要!

一般的な接着剤と一番異なっている取り扱い方法は「冷凍(-10℃以下)で保管しないといけない」こと、また、使用前に室温で30分ほどの解凍が必要なことです。
もちろん、出荷時にはクール冷凍便を使用しています。お手元に届きましたら冷凍庫で保管ください。
その他の注意事項はエースボンド様のブログや製品ページ、製品に同梱している取り扱い説明書・SDS(安全データシート)をご確認いただけますようお願いいたします。

エースボンド様では接着に関するブログを毎日更新されていますので他の記事もぜひ併せてご覧ください。

ネットショップのご紹介

エースボンド様のネットショップからTK PASTE CN-7120を購入いただけます!
(画像をクリックすると、ネットショップにジャンプします。)

そのほかのネットショップについてはこちらをご確認ください!

Back

製品に関するお問い合わせ

ページの先頭へ

問い合わせへ