トップページINDEX 会社案内COMPANY 製品案内PRODUCT こんなときにCASE STUDY お取引についてDEAL トピックスTOPICS お問い合わせCONTACT
サイトマップ 求人案内 個人情報保護方針
aboutmain

主な事業内容

■エレクトロニクス用洗浄剤と洗浄装置”マイクロクリーナー”

プリント基板の外観。基板の上に様々な電子部品が実装されています。

皆さんにもおなじみのパソコン・スマートフォン・自動車といった製品の内部には、 プリント回路や半導体をはじめとする電子部品がぎっしりと組み込まれています。これらの生産過程では、 はんだ付け実装後に「フラックス洗浄」という精密洗浄を行っています。このフラックス洗浄用に 1995年までオゾン層破壊の元凶とされた「フロン」が大量に使用されていましたが、国際的な規制の下、代替洗浄技術の開発が急務でした。

当社の主力商品「マイクロクリーナー」。
近くで見るとなかなか迫力があります。

この課題に対して、当社はどこよりも早く研究を開始し、独創的なフラックス洗浄システム「マイクロクリーナー」を いち早く商品化しました。しかし、フロン代替という大きな市場への期待から、大企業を中心に約400社が参入。 大企業の知名度に押され、当初は苦戦を強いられました。そのような状況の中、松下電器産業(現:パナソニック)の 最も品質が厳しいカーエレクトロニクス部門に採用され、非常に高い評価を得ることに成功。 その後の名だたる大手電機・半導体メーカーにも採用が広がるきっかけになりました。
その後も、年々厳しくなる環境規制や電子・電気機器の小型化による洗浄難化など、新たなニーズに対しても常に他社に先駆けて応え続け、 「フラックス洗浄といえば化研テック」という評価が浸透。着実にシェアを伸ばし、現在は日本No.1のシェアを獲得しています。 また、近年は海外のメジャー企業からも続々と引き合いが来ており、グローバルニッチトップを目指して邁進しています。

■導電性接着剤”TKペースト”

ミクロン単位で銀粒子をコントロール。形状によって特性が異なるのも面白い特徴です。

環境規制により電子回路用接合材料において、主流であった鉛を含む「共晶はんだ」から鉛を含まない「鉛フリーはんだ」に移行してきました。 しかし、接合温度が高い点や接合信頼性の問題から、より信頼性の高い低温接合材料が求められています。 この課題に対し当社では、特殊形状をもつ銀粉を用いた導電性接着剤を開発し、実績を上げています。
銀粉は従来の製法では、球状に近い形状またはこれを物理的に破砕したフレーク状しかありませんでした。 当社は独自開発により写真の様な毬栗状をはじめ多種多様な形状、粒子径を自由自在にコントロールし安定的に量産することに世界で初めて成功しました。
従来の銀粉には無い様々な特長を持つことから、数多くの大企業・大学から注目されており、共同研究も進んでいます。 また、大幅なコストダウンの実現によって大手電子部品メーカーに全面的に採用されるなど、今後さらなる飛躍が期待されています。 他にも、お湯ではがせる接着剤「エコセパラ」などユニークな機能を付加した機能性接着剤のラインナップを進めています。

■塗装・印刷工程用ケミカルス

美しい光沢を放つ自動車塗装には、目に見えないところで様々な工夫が凝らされています。

塗装工程用ケミカルスの始まりは、当社が第二の創業期を迎えようとしていた30年以上前に遡ります。 従来は強アルカリの劇薬を用いて10時間以上煮沸・浸漬していた塗料の洗浄作業を、 お湯でわずか3分間に短縮できる画期的な塗料剥離用プレコート剤「ポリセラガード」の開発に成功。 今までになかった全く新しい発想で、世界のトヨタの度肝を抜くことに成功しました。
その後、米国工場(現:テスラ生産工場)への全面採用によって確かな信頼を勝ち得、塗装にまつわるさまざまな開発テーマを依頼されるようになります。 治工具や塗装ロボットスーツなどの周辺設備工具の洗浄・剥離や、バンパーやインパネなど樹脂成形工程での洗浄、 さらには設備導入も含めた塗膜剥離自動化システムの提案など、一分野にとどまらない幅広い領域において お客様の「困った」を次々と解決してきました。また、国内工場での実績が評価され、 北米・南米や中国・東南アジアなどの海外工場でも当社の製品が使われるようになっています。

当社の製品は、地球環境の保護にも大きく貢献しています。

このように30年の長きにわたって、改善にとりわけ熱心なトヨタ・ホンダを中心にグループ各社にも採用が拡大。 関係者以外は立ち入ることができない工場内部に当社は特別に入れてもらえるなど、強固な信頼関係を築いています。
現在は、人・環境に優しい低VOC(揮発性有機化合物の含有量が少ない)商品の開発や、電子化・軽量化が進む 将来の自動車に対応した新たな開発テーマに取り組むなど、自動車の発展を陰から支え続けています。

皆さんが普段何気なく手に取っている本やチラシの多くも、当社の製品が使われております。

印刷工程用ケミカルスは、毎分600mの高速印刷が特徴のオフセット輪転機用帯電防止剤・洗浄剤等を主に開発提供しています。 カタログやチラシを高速で印刷・折り曲げ・裁断するため、紙の表面に強力な静電気が発生し、紙が揃わないなどのトラブルが多発します。
当社は、この印刷工程における静電気の発生を抑え、品質・生産性を大幅に向上させる帯電防止剤分野において多くの印刷会社から支持をいただき、 現在は国内トップクラスのシェアを獲得しています。

研究職にとって、どんな会社?

■大企業の技術者からも期待され、感謝される仕事

当社は、企業の製造現場や開発設計者の「困った」を解決することが大好きです。 お客様から「どこに頼んでも、できないと言われた」と聞くとメラメラと闘志を燃やす馬鹿な奴(当社社長です。) がいるために、研究者は大変です。でも成功すると、他社にない独創的な商品となり、特許も取れます。
これまでも日本を代表する数多くのグローバル企業の技術者から、対等な開発パートナーとして期待され、 ユニークな商品を次々と開発してきました。開発は苦労の連続ですが、良い物ができた時、 お客様の「ありがとう!助かりました!」の言葉に苦労も吹き飛んでしまいます。 研究者のやりがいって、やはり「期待されること」「認めてもらうこと」ではありませんか?

■ 小さいけれどトップクラスの技術力と指導育成体制

正社員の3割が20代。若い力が活躍できる環境です。

先に紹介した通り、独創的な技術開発力によって各産業分野のニッチ市場でトップクラスのシェアをもつ商品が育っています。 このため、当社の名前は業界内で非常によく知られており、新たな開発テーマが出てくると真っ先に声がかかります。
常に最先端の情報が集まるトップランナーの強みに加えて、経験豊富な大企業出身のベテラン研究者が若い研究者を強力にサポートし、 各大学研究室の協力も得られる恵まれた指導育成体制もあります。これら大企業にも負けない恵まれた環境のなかで、 ハイレベルな技術を存分に学ぶことができます。

■ お客様の笑顔が見られる研究職

展示会の当社ブースの様子。当初製品のPRが中心ですが、説明員になることで本人の勉強にもなります。

研究職というと、研究室にこもってひたすら実験をしているイメージを持たれるかもしれませんが、 机の前に座っているだけでは、商品開発は絶対にできません。お客様が何を求めているのか、 何を感じているのかといった「声」を聞くことが大切になります。 このため、当社の研究職はお客様と関わる機会が多いのが特徴のひとつです。
例えば、海外からの来場客も多く訪れる国際展示会(年数回実施)に説明員として参加し、当社ブース内で英語や中国語が飛び交う中、 自ら開発した商品の「売り」を直接お客様に説明したり、お客様に向けて技術講演を行ったりしています。 また、当社の研究所には製品テストや打ち合わせ・見学などを目的に、頻繁にお客様が訪れます。
お客様も研究開発の第一線で活躍している技術者・研究者で、やり取りの中で最先端の技術を学べる場になっています。 何よりも、自分が開発した商品でお客様が笑顔になる。それを直接実感できることが、研究職にとって大きなやりがいになっています。

営業職にとって、どんな会社?

■ 営業職は会社の主役!

お客様が抱える課題をうまく引き出せる「聞き上手」な人が、当社では活躍できます。

学生の皆さんは、営業職と聞くと「飛び込み訪問や電話などで商品をひたすら売り込み、断られ続け、ノルマに追われる」といった、 ネガティブなイメージを持たれているかもしれません。しかし、当社の営業職は全く違います。 営業職は会社の主役であり、営業職の活躍が会社の命運を左右するといっても過言ではありません。
例えば、営業職は商品開発において非常に重要な役割を担っています。 商品開発で大事なのは市場ニーズの収集、当社流に言えばお客様の「困った」をつかむこと。 その大事な一歩を踏み出すことが仕事のひとつになります。
他にも、研究と二人三脚で商品開発を進めたり、お客様の「困った」を解決する 最適な技術提案を行ったりするなど、大企業の技術者・研究者からも期待され、感謝されるやりがいのある仕事です。

■ 今後期待される営業職の姿

商品開発の立役者、技術コンサルタントなど当社の営業職は色々な顔を持っています。

当社の営業職は、大企業の技術者や研究者を相手に技術提案をしたり、情報収集をしたり、新商品の企画や製造現場での立ち会いテストをするなど、 販売活動以外のいわゆる「技術営業(セールスエンジニア)」の要素が強い仕事です。
一方、研究開発型の化学メーカーといっても、相手にするのは人。人に喜んでもらう仕事をするには、 人の気持ちをしっかりつかむことが大事になります。これまでは、その力に長けていることが多い 文系出身者を積極的に採用し、当社の営業職は現在約8割が文系出身です。
しかし、近年は当社に依頼されるテーマの高度化が進み、お客様とのやり取りの中でこれまで以上に技術的知見が求められることが多くなっています。 そのような状況の中、技術的素養の備わっている理系出身者が活躍できるチャンスが増えています。
また、会社の成長にともなって、今後営業職に求められる仕事も変わっていきます。お客様が抱えている課題・ニーズを引き出すことから、 お客様がまだ気づいていない潜在ニーズを発掘することへより注力し、「売れる商品」の開発につなげていくこと。 安定して高収益を上げ続けるために、体力と根性で「売る」のではなく、商品が自然と売れていく「売れる仕組み」を構築することなど、 より一層、知的改革が求められます。この中核を担うのも、これからの営業職に期待される大きな役割です。

化研テックで活躍できる人材

当社のロゴマークには、躍動する「人」のイメージが込められています。

化研テックで活躍できる人材は、簡単にまとめると次の通りです。
  • 1.周囲への感謝、気配りが自然にできる人。
  • 2.元気な挨拶、迅速な応答・行動ができ、約束を守る人。
  • 3.よく考え、よく学び、他人の2倍努力することを厭わない人。
  • 4.人の話を素直に聴き、自分の考え、意見を誠実に伝えられる人。
  • 5.困難な事態にも逃げることなく、粘り強くやり遂げる人。
  • 6.「ものづくり」が好きで、「ものづくり」で役立つことに使命感をもつ人。
  • 7.当社の経営理念、社是、目指す姿、社長の考え方に共感できる人。

化研テックの目指す姿

高収益企業を実現し、社員満足を向上し続ける。

社員満足とは、必要とされていることを実感できる「存在価値」と賃金を含む「経済的満足」であり、
日本の製造業トップクラスの営業利益率と賃金水準の実現を目指す。

ニッチ且つ技術的ハードルが高い市場でグローバルトップを目指す。

大企業には小さすぎる市場であり、中小企業には技術的難易度が髙すぎるテーマにあえて挑戦し、
他社に無い独創的な技術開発によってグローバル市場でトップシェアを目指し高収益を実現する。

「売れる商品、売れるシステム創り」で100年企業を実現する。

顧客が常に満足し継続使用したくなる「売れる商品」を絶え間なく創出し、
自然に「売れる仕組み」を構築し、安定成長で100年企業を実現する。(現在50年)

近況・他

  • 業績 リーマンショック時の不況下でも上場企業以上の営業利益率5%を確保し、 会社設立50年目となる2016年度は過去最高の11%を達成。全社員による50周年記念祝賀会を高級ホテルで盛大に開催。さらなる高収益・優良企業を目指す。
  • 研究開発投資 2013年5月に3棟目となる最大規模の研究所を建設。 最新の研究設備導入や研究人員の増強など、毎年研究開発費は売上の10%を超える。
  • 経営方針発表 毎年、年度初めに、全員集合して社長による経営方針説明やグループ討議、社員への表彰などを行う総合会議を開催。 パート社員も含め、全社員に経営方針書が配布され、目標と夢を共有する。
  • 若手経営会議 入社3年以内の若手社員を対象に社長が直接、経営に必要な知識、 ものの見方、考え方を面白おかしく指導する。また、経営数値や直近の経営課題もオープンにし、経営者の立場で討議することで、将来の経営幹部を育成する。
  • 社内親睦 年3回発行の社内報はすでに150号を突破。社員も家族も楽しみに しています。釣り、もちつき大会など行事も色々。 過去、タイ、ヨーロッパ、ハワイの海外旅行も実施。
 

▲ このページのトップへ